文字サイズ

  1. 大
  2. 中
  3. 小

事業案内

  1. TOP
  2. 事業案内

事業案内

  1. 1.調査研究事業
  2. 2.普及啓発事業
  3. 3.社会貢献事業
  4. 4.東京電気技術高等専修学校の運営
  5. 5.講習会事業
  6. 6.会員等の交流促進事業
  7. 7.収益事業
  8. 8.その他の事業
  9. 9.法人会計

1.調査研究事業

電気工事業及び関連事業の健全な発展を図ることを目的として、適正で合理的な入札契約制度、技術・安全・環境保全、企業合理化、人材の確保・育成等に関する調査研究事業を行う。

  1. 【1】 適正で合理的な入札契約制度の推進
    1. (1) 入札契約制度に関する説明会
      国及び東京都の入札契約制度改正等に伴う変更点について説明会を開催し、入札契約制度への適切な対応を図る。

    2. (2) 独立行政法人等との意見交換会
      分離発注の拡充等、入札契約制度について意見交換を行い、入札契約の適正化を推進するとともに、価格や品質において総合的に優れた施設の建設を促す。
    3. (3) 官公庁との意見交換会
      官公庁等の発注機関との意見交換を通じて、入札契約の適正化を推進し、価格と品質で総合的に優れた社会資本を整備することにより、国民・都民の安全で安心な生活を確保する。
  2. 【2】 技術・安全・環境保全施策の推進
    1. (1) 電気工事技術の総合対策
      電気工事施工技術の向上や近代化に関する調査研究を推進するとともに、太陽光発電や風力発電等、最新のエネルギー問題に関連した技術の普及を図る。
    2. (2) 安全衛生対策
      安全衛生に関する各種事業を通じて、店社や事業場における安全意識の向上を図る。
    3. (3) IT講演会
      ITに関する講演会及び事例発表会を開催することにより、関連企業のIT化支援を行い、業界の発展向上を図る。
  3. 【3】 企業合理化の推進
    1. (1) 電気工事に関する資料収集等
      工事費の適正化や工事現場で発生する諸問題に関する情報を収集分析、提供することにより、電気工事業界における企業合理化に資する。
    2. (2) 経営セミナー
      企業経営に関するセミナーを開催することにより、企業経営の合理化及び支援を行い、業界の発展向上を図る。
  4. 【4】 人材の確保・育成施策の推進
    1. (1) 電気工事に関する技能の向上及び教育
      電気工事施工技術や安全衛生等に関する講演会、講習会を企画実施するとともに、東京電気技術高等専修学校の運営方針等について検討する。
    2. (2) 理系学校等に対する業界の理解促進
      理系の大学、専門学校、高等学校及び都立職業能力開発センター等と情報交換を行うことにより、学生の業界への理解促進と人材確保を図る。
    3. (3) 理系大学生の現場見学会
      理系大学生を対象に現場見学会を開催することにより、電気設備に関する教育の場を提供するとともに、電気工事に対する知識の向上を図る。
    4. (4) 電気工事業界フォーラム
      会員企業が合同で、電気工事業界に関心のある理系大学生等に対して業界での仕事の内容などを判りやすく説明することにより、業界における若手人材確保の促進を図る。

2.普及啓発事業

調査研究事業による成果及び検討の経過をイベントや広報媒体を通じて発表し、同種事業を実施する関係団体等に対して普及啓発を行う。

  1. 【1】 電気工事士技能競技大会 電気工事士の技能・技術の向上を図るとともに、電気設備の安全、施工品質の確保の重要性を広く一般に周知する。
  2. 【2】 安全衛生大会 労働災害の防止を目的に、安全宣言、安全講話を行うほか、優れた安全衛生活動を表彰することにより、職場での安全衛生活動の定着を図る。
  3. 【3】 機関誌「電業経営」の編集・発行 電気工事に関する経営・技術・安全等の資料及び各種調査結果等を協会機関誌として広く一般に提供し、業界の発展及び地位向上を図る。
  4. 【4】 ホームページによる情報収集及び提供 協会に対する意見要望等を聴取するとともに、協会の活動内容や業界及び会員の動向等を掲載し、普及啓発を図る。

3.社会貢献事業

協会が地域で活動していくにあたり、法人としての社会的責任を果たすために、社会からの要請に応え各種事業を積極的に行う。

  1. 【1】 防災協定 都内で大規模な震災が発生した場合に、都立学校における電気設備の機能確保及び復旧を図るため、東京都と締結した防災協定に基づき、震災への対応を迅速かつ円滑に行う。
  2. 【2】 高校生ものづくりコンテストへの協賛 次代の電気設備工事業を担う人材を育成するため、高校生ものづくりコンテスト関東地区予選会に協賛する。

4.東京電気技術高等専修学校の運営

次代の電気工事士を育成するため、東京電気技術高等専修学校を設置・運営し、第二種電気工事士として必要な知識・技能・技術を教授するとともに、ものづくりの創造性や感性を培う。また、在校生を対象に無料職業紹介事業を実施し、電気工事士を中心とした卒業後の就職支援を行う。

5.講習会事業

電気工事に従事する社員を対象に、職場で必要とされる知識、技能を習得するため、各種講習会を開催する。

  1. 【1】 新入社員技術・安全衛生教育講習会 新入社員を対象に、電設技術及び安全衛生に関する教育を実施し、職場への早期順応と労働災害の防止等を図る。併せて、大手企業の電気研修施設の見学会を実施し、電気設備に対する理解を深める。
  2. 【2】 技術講習会 技術社員を対象に、社会の変化に応じた技術の習得、理解促進を図るため、官公庁又は関連団体の専門講師を招聘し講習会を実施する。
  3. 【3】 低圧電気取扱特別教育講習会 低圧の開閉器操作等の業務に従事する際に必要な特別教育を行い、安全作業知識の習得を図る。
  4. 【4】 電気工事士技能試験受験準備講習会 第一種・第二種電気工事士技能試験に備え、基本作業及び公表問題の実技演習を行い、試験合格に必要な知識、技術の習得を図る。
  5. 【5】 現場代理人講習会 施工技術管理、工程管理、労務管理等の多岐にわたる業務全体を的確に捉え管理できる現場代理人の育成を目指す。
  6. 【6】 IT講習会 社会のIT化に対応できる人材を育成することにより、業界の発展向上を図る。

6.会員等の交流促進事業

協会事業を円滑に推進するため、ブロック経営者会や会員交流会等を開催するとともに、文化体育活動を通じて会員等の交流を促進する。

  1. 【1】 文化体育活動 海外研修会やレクリエーション活動を通じて会員の相互交流を深めることにより、会員会社及び業界の発展に資する。
    海外研修会の実施・野球、ゴルフ、麻雀、写真、釣り、ボウリングの各部の大会等の実施
  2. 【2】 ブロック経営者会 通常会員を10のブロック経営者会に編成し、見学会、講演会等をブロック毎に開催するとともに、ブロック経営者会対抗ゴルフ大会の開催など、会員の交流及び親睦を図る。
  3. 【3】 会員交流会 講演会や演奏会などに併せ懇親会を開催し、会員相互の交流及び懇親を深める。
  4. 【4】 新年賀詞交換会 新年を迎えた慶びを来賓及び会員とともに祝うことにより、業界の一層の発展を図る。
  5. 【5】 元赤坂ことぶき会 会員会社に在職している者又は在職した者等が、協会行事を通じて交流及び親睦を図るとともに、協会の事業運営に協力する。
  6. 【6】 関係団体との連携 協会が一般社団法人として継続して活動していくために、関係団体との連携・交流を強化する。

7.収益事業

  1. 【1】 会館管理 協会が所有する東京電業会館を安全・快適に使用及び賃貸できるよう日常の維持管理を行う。
  2. 【2】 保険事業 協会が団体保険契約を締結することにより、会員各社が低料金で保険加入できるよう、取りまとめを行う。

8.その他の事業

  1. 【1】 公益目的事業の実施 一般社団法人へ移行する時点での財産については、将来にわたり「公益目的支出計画」に基づき確実に社会に還元すべきものとして義務づけられており、これに則り当年度も計画どおり事業を実施し、「公益目的支出計画実施報告書」を東京都へ提出する。
  2. 【2】 表彰事業 協会の事務事業を横断的に調整するため、各事業に共通する事務の処理や表彰規程に基づく功労者表彰等を行う。

9.法人会計

  1. 【1】 総会 協会の最高意思決定機関として、定時総会及び臨時総会を開催し、役員改選や定款の変更、事業報告・決算の承認等、協会の重要事項を審議する。
  2. 【2】 理事会・常任理事会 理事会は、総会に付議すべき事項の議決や総会において議決された事項を執行する。また、常任理事会は、理事会から委任された日常業務を処理する。
ページのトップへ