文字サイズ

  1. 大
  2. 中
  3. 小

野球大会

  1. TOP
  2. 野球大会

野球大会

4月30日から5月2日まで、明治神宮外苑軟式球場にて毎年恒例の野球大会が開催されました。
今年は全29チームが参加!熱闘の結果は、下記からご覧いただけます。

  • 野球大会結果

写真コンテスト

本年度は、第80回目の記念大会企画として野球大会と合わせて写真コンテストも実施。応援に来た皆様から作品を募集したところ、147点もの作品が集まりました。その中から文化体育部会写真部による厳正なる審査の結果、次のとおり入賞作品が決まりましたので発表いたします。 入賞された皆様おめでとうございます。

最優秀賞

長村 幸治 「力技」

優秀賞

  • 永澤 隆幸
    「ナイスプレー!ナイスプレー!」
  • 田村 沙織
    「相手へのエール。~ファイトオー!!」
  • 古賀 順一
    「優勝の重みを感じて!」

入賞

  • 宮﨑 康介
    「なんとしてもバント」
  • 大橋 俊二
    「運動不足」
  • 古屋 勝敏
    「アウト!セーフ!」
  • 佐々木 智絵 
    「祈りよ、届け!」
  • 神田 稔
    「盗塁成功」

審査員講評(文化体育部会 写真部)

野球大会写真選考に当たって。
 まずは受賞された方々、おめでとうございます。
 今回は野球大会という大変難しいテーマにもかかわらず、150点余りの数多くの作品応募があり、作品の選考は大変難しいものでした。どの作品もスポーツならではの選手の表情や躍動感、応援や歓喜が伝わってくるような写真ばかりであり、審査員も選考にとても悩み、今回のテーマである野球大会をどのように捉え、それを表現しているかを念頭にして選考いたしました。
 そのなかでも最優秀賞の作品は、ピッチャーの打たれまいとする気迫あふれる表情の一瞬をしっかりと捉え、まさに野球のダイナミックな部分が、見る人すべてに伝わるすばらしい作品です。
 他の受賞作品においてもプレーの一瞬をうまく捉えたものや一喜一憂する選手、応援する方々の思いも伝わるような作品ばかりであり、とても甲乙つけがたい作品ばかりでした。
 もちろん今回選外となった作品もすばらしい作品の数々であり、すべての写真が見て今回の野球大会の盛り上がりを思い出し、振り返られるような作品ばかりだったと思います。
 最後になりますが、今回、受賞された方々、惜しくも選外となった方々、応募してくださった皆様にお礼を申し上げます。

ページのトップへ